独創的なモチーフと
奥深い思索へと誘う異端の芸術家

岡本雅子

曲線で語りかける光と影の詩

フラワーアレンジメントをきっかけにワイヤーアートの世界へ入り、20年以上の経験を独力で開拓した岡本は、既存団体には属さず都内のアトリエで延べ8000人以上の受講生を送り出しています。

誰でも始められるクラフトから複雑な立体アート作品まで、長年の研究で得た数百のバリエーションとアレンジが生み出す作品は緻密な計算で構成され全方向から物語が読み取れる飽きのこないマジックが秘められています。

無機質に感じる金属ワイヤーへ命を吹き込むような曲線と、木や植物など組み合わせて生きているアートを創作するスタイルは伝統的日本文化を継承する盆栽をイメージさせます。

ワイヤーは僅かな迷いで美しい曲線を台無しにします。やり直しが難しい制作には彼女の経験に裏打ちされた高い技術が表れています

  1. 略歴
  2. 活動
  3. 作家情報

ワイヤーアーティスト


大学卒業後OLを経験、フラワーアレンジメントを学び、その後ワイヤークラフトと出会い修行期間を経て2002年から「一生飽きない」ワイヤークラフト講座 M.B. Wire Factryを主宰。協会などには属さず独力にて台東区浅草橋のアトリエで活動をしながら200以上のオリジナルレシピを考案。アトリエ以外でもオンライン講座も活用し延べ8000人以上の受講生を送り出している。GUCCIやTory Burchなど有名ブランドの店内でデモンストレーションをするなど、その世界観はファッション業界でもそ注目を浴びている。

展示・制作など

2021年3月、2022年5月新宿伊勢丹トリー バーチ銀座店にてデモンストレーション、2021年11月国立新美術館カルチャー美術展出展、2021年11月20周年記念展示会開催、2023年2月「第28回日本の美術」上野の森全国選抜作家展出展、2023年10月GUCCI銀座並木店と横浜店にてデモンストレーションなど。

Website Instagram LINE
PAGE TOP
error: Content is protected !!